酢酸トコフェロール配合の女性用育毛剤の特徴について

女性用育毛剤の成分表示をチェックすると、酢酸トコフェロールという成分が記載されているものがあります。
なんとなく髪や頭皮に悪そうな名称の酢酸トコフェロールですが、実は女性の育毛にはとても高い効果があります。

 

酢酸トコフェロールとは

酢酸トコフェロールは酢酸エステルの一種で、ビタミンE誘導体です。

 

誘導体というのは、主となる化合物の分子の一部分のみを変化させて作った化合物です。
例えば、ビタミンCは抗酸化作用やコラーゲンの合成を助けたり、メラニン色素を還元する美白作用があります。

 

その反面、酸化しやすく不安定という性質があるのですが、この分子を変化させてビタミンC誘導体にすると、ビタミンCの機能はそのままに吸収率や安定性を高めることができます。
つまり酢酸トコフェロールというのは、ビタミンEが持つ機能をより効率よく吸収しやすい形に変えた成分なのですね。

 

酢酸トコフェロール配合の育毛剤

酢酸トコフェロールは、毛細血管の拡張や血流を促進する効果を持っています。

 

頭皮にめぐらされている血管はとても細く、血行不良になりやすいです。
頭皮の毛細血管の流れが悪くなると、毛根組織が栄養不足になり薄毛が引き起こされます。

 

酢酸トコフェロールはこの状態を改善すると同時に、育毛剤に配合されている栄養素を頭皮全体に行き渡らせて毛根組織を活性化します。

 

 

つまり酢酸トコフェロール配合の女性用育毛剤は、血行促進と栄養補給で女性の薄毛の原因を改善しながら育毛を促進するという特徴があるのです。

 

 

薄毛の原因はいろいろありますが、女性の育毛には血流の改善と栄養不足の解消が必須です。
ですので、どんな育毛剤を使えばいいか分からないという方は、まずは酢酸トコフェロール配合の女性用育毛剤を使ってみるといいですね。