保湿成分であるヒアルロン酸が女性育毛剤にも使われる理由

近年、薄毛に悩んでいる女性が増えていることから、女性用育毛剤の研究開発もどんどん進められています。
その開発によって、今までは使われなかったヒアルロン酸を配合している育毛剤も出てきていますが、育毛効果があるのでしょうか?

 

ヒアルロン酸とは

ヒアルロン酸はムコ多糖類の一種で、水分保持能力を持つ成分です。
1gのヒアルロン酸で6リットルもの水分を保持することができると言われるヒアルロン酸は、細胞と細胞の間に存在していて、水分を保持しながら弾力によって細胞を守ります。

 

皮膚では真皮層のコラーゲンとエラスチンで構成される隙間に存在し、水分を蓄えて肌の潤いを保っています。

 

ヒアルロン酸が不足すると、保水力が低下してハリや弾力が失われたり、ターンオーバー機能を低下させて乾燥や肌トラブルなどが引き起こされます。

 

育毛に保湿が必要な理由

頭皮が乾燥すると、肌を守る機能が低下するため雑菌が繁殖したり、痒みや炎症、フケなどの原因になります。

 

髪が成長する土台となる頭皮環境が悪化してしまうと、いくら毛母細胞が分裂して髪が生えてきても、健康な状態で成長できません。
つまり、頭皮の保湿状態は育毛に大きく関わっているのですね。

 

 

ヒアルロン酸は優れた水分保持機能によって頭皮の乾燥を改善し、水分保持能力を高めて頭皮環境を正常化することで髪の成長をサポートします。

 

頭皮環境の悪化は女性の薄毛の原因ですから、育毛のためには保湿が必須なのです。頭皮も顔と同じ皮膚ですから、顔と同じぐらい保湿が必要です。

 

 

特に薄毛の場合は頭皮環境が悪化していますから、育毛するにはヒアルロン酸で保湿をして環境を整えることが必要なのです。