男性用育毛剤と女性用の育毛剤の成分にはどんな違いがあるの?

育毛剤には男性用と女性用があります。
男性と女性で分かれているのは、薄毛を引き起こす原因が違うからなので、女性の薄毛には女性用の育毛剤を使わなくてはいけません。

 

男性の育毛剤に使われる成分

 

男性の薄毛は、ほとんどがジヒドロテストステロンという男性ホルモンによって引き起こされます。
ジヒドロテストステロンは、テストステロンが5αリダクターゼと結合して生成されます。

 

そのため、男性用の育毛剤には5αリダクターゼの働きを抑制して、ジヒドロテストステロンが作られるのを阻害する成分が配合されています。
育毛剤によって成分は違いますが、ノコギリヤシやヒオウギエキスなど植物由来の成分が配合されています。

 

女性の育毛剤に使われる成分

 

女性の薄毛は、男性ホルモンが原因ではなく、頭皮の血行不良やダメージ、生活習慣の乱れによって起こる栄養不足が主な要因です。

 

そのため、女性用育毛剤には血行を促進する成分や毛根組織が活性化するための栄養素が配合されています。

 

また加齢やダメージで乾燥することで頭皮環境が悪化しているせいで薄毛になることもあるので、保湿成分や美容成分が配合されているものもあります。

 

男性用育毛剤と違い、女性用は栄養補給や頭皮環境の改善にアプローチする成分が主流なのですね。

 

まとめ

 

男性用育毛剤も女性用も育毛に効果があることは変わりないのですが、このように配合成分や育毛へのアプローチがまったく異なります。

 

そのため男性は男性用のもの、女性は女性用の育毛剤を使うことが、効率よく薄毛を改善するためのポイントとも言えるのですね。